眼鏡・コンタクトレンズ

眼鏡をご希望の方

眼鏡をご希望の方眼鏡の処方をご希望になる場合には、診療終了時間の1時間前までにご来院ください。それ以降では処方ができない場合があります。あらかじめご了承のほどお願い致します。

眼鏡の処方

遠用・近用、老眼鏡、遠近両用だけでなく、光の進路を屈折させるプリズム眼鏡など、幅広い眼鏡の検査と処方を行っています。な
すでに眼鏡をお持ちの場合、お使いになっている眼鏡を必ずご持参ください。
眼鏡処方は、お渡しまでに時間がかかる可能性がありますので、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

コンタクトレンズ

精密な検査を行った上で眼科専門医が丁寧にご説明し、患者様のご希望を伺いながら最適なコンタクトレンズを選んでいただけるよう心がけています。乱視の方にも安心してご相談いただけます。また、カラーコンタクトレンズも安全で快適にお使いいただける多数の選択肢をご用意しています。

コンタクトレンズをご希望の方

受付の際に、コンタクトレンズご希望とお申し出ください。コンタクトレンズが初めてという場合、検査やカウンセリング、着脱の練習などを行います。お1人で着脱ができるようになり、ケアの正しい方法をご理解いただくことで安全に使うことができますので、初回の診察には時間がかかります。そのため、ご予約は診療終了時間の1時間までの時間に可能となります。

コンタクトレンズのケア

コンタクトレンズには、使い捨てソフトコンタクトレンズ(1日タイプ、2週間タイプ、1ヶ月タイプ)とハードコンタクトレンズがあります。1日タイプは1回ごとに使い捨てるためケアの必要はありませんが、それ以外は正しいケアが不可欠です。瞳の美しさを守って快適に使うために、正しいケアを毎日続けていきましょう。
コンタクトレンズを1日つけていると、脂質やタンパク質がレンズに付着します。また、化粧品や細かいホコリなどの汚れも付着してしまいます、こうした汚れを残していると細菌などが増殖しやすいため、毎日、丁寧な洗浄と消毒が必要です。特にソフトコンタクトレンズは素材的に汚れが付着しやすいため、汚れを残さないしっかりしたケアが必要です。
レンズによって材質などに特徴があるため、レンズメーカーが指定したケア用品を使用することで安心して使うことができます。

コンタクトレンズトラブルの対処法

コンタクトレンズはまぶたの中に入れて目に直接触れるため、トラブルを起こすことがあります。特に、使用方法やケア方法を間違えるとトラブルにつながる可能性があります。当院では、眼科専門医がコンタクトレンズのトラブルに対応していますので、お困りやお悩みがありましたら、すぐにご相談ください。

コンタクトレンズが外れない

鏡を見ながら黒目を動かして、コンタクトレンズが目の中にあるかを落ち着いて確認しましょう。張りついて剥がれない状態の場合には、目薬を点眼してまぶたを閉じてしばらく待ってから、そっと外してください。それでも外せない場合は無理をせず、受診してください。目を傷つけないためにも、無理に剥がそうとするのは止めましょう。

コンタクトレンズが目の中で行方不明になった

ものを見て、見え方を確認してください。装着しているときと同じように見える場合には、黒目についています。外しているときのように見える場合は、鏡を見ながら黒目をゆっくり動かしてください。発見できない場合には、知らない間に外れて落ちている可能性もありますが、奥に残ってしまっていることも考えられますので、受診してください。

カラーコンタクトレンズによるトラブル

眼科医の診療を受けずに雑貨売り場やインターネットで購入できるものには、安全性に問題があるものが少なくありません。酸素透過性が低いもの、角膜細胞に悪影響を与えるものがあり、医学的な注意点の説明や指導を受けずに使用することで深刻な眼科疾患を発症するケースも珍しくありません。目はとてもデリケートで、見ることは生活のあらゆる場面で重要な機能です。当院では、安全性が高く高品質で信頼できるカラーコンタクトレンズをご用意しており、丁寧でわかりやすいご説明や指導を行っています。カラーコンタクトレンズをご希望の場合も、安心してご相談ください。

宮前区.jpで当院を紹介しています

院長インタビュー
患者様の声
徒歩ルート動画
TOPへ